学術局からのお知らせ

MIE PHYSICAL THERAPY ASSOCIATION

学術局からのお知らせ一覧

理学療法みえ 理学療法みえ投稿・執筆規定21

理学療法みえ投稿・執筆規定

1. 三重県理学療法士会会員(以下,会員)に対し,研究結果や臨床治療の結果を公表する場を設けること.
会員に対し,臨床や学術活動に対して有益な情報提供の場とすること.
一般社団法人三重県理学療法士会の学術活動の記録を雑誌として残すこと.
本誌は三重県理学療法士会の機関誌として,理学療法の基礎となる関連領域の研究発表の場を提供することを主な目的とする.記事の種類は,「原著」「症例研究」「紹介」「総説」,「その他」を記載するものである.
2. 投稿は本会会員(筆頭著者)に限る(会員でないものは入会が条件).また,編集委員会の決定により会員外の著者に投稿を依頼することができる.
3. 投稿原稿は,他誌に発表,または投稿中の原稿でないものに限る.
4. 本誌に掲載された論文の著作権は,三重県理学療法士会 学術局学術誌部に帰属するとともに,クリエイティブコモンズCC-BY-NC-ND(表示-非営利-改変禁止)の国際ライセンス条件下で公開される.なお,投稿の際には,投稿・著作権譲渡承諾書を,論文と合わせて投稿すること.
5. 原稿の採否,掲載順は編集委員会で決定する.査読の結果,編集方針に従って,加筆・削除および一部書き直しをお願いすることがある.また,編集委員会の責任において,多少字句の訂正をすることがある.
6. 研究は,原則として所属機関・施設等の倫理委員会の承認を得て行い,その旨を「対象」の項に記載すること.
7. 文章は楷書・横書き,口語体,現代かなづかい,数字は算用数字,単位は国際単位系(SI 単位)を用いる.(例)長さ:m,質量:kg,時間:s,温度:℃,周波数:Hz
8. 外国語名(地名,人名,その他)は,原則として原語を用い,略語はカッコ内にフルスペルで記載する.
9. 引用文献は必要最小限にとどめ,引用順に列記する.文献の省略は公の省略法(Index Medicus など)に従う.引用文献の著者氏名が4名以上の場合は最初の3名を書き,他は・他,または et al. とする.

①雑誌の場合:著者名,題名,雑誌名,発行年,巻,頁.
(例)
1) 大嶽昇弘,林典雄,山田みゆき・他:牽引装置の牽引力の再現性について.理学療法科学,1998,13:191-194.
2) Kobetic R, Triolo RJ, Marsolais E, et al.: Muscle selection and walking performance of multichannel FES systems for ambulation in paraplegia. IEEE Trans Rehabil Eng, 1997, 5: 23-29.

② 単行本の場合:著者名,書名,出版者,発行地,発行年,頁.
(例)
1) 千野直一:臨床筋電図・電気診断学入門.医学書院,東京,1977,pp102-105.
2) Kapandji IA: The physiology of the joint. Churchill Livingstone, New York, 1982, pp165-180.
3) Shumway-Cook A, Wollacott MH: モーターコントロール運動制御の理論から臨床実践へ.田中繁・他(監訳),医歯薬出版,東京,2011, p428.
4) Thom M, Sisodiya S, Najm I: Neuropathology of epilepsy. In: Love S, et al. (eds): Greenfield’s Neuropathology, 8th ed, Hodder Arnold, London, 2008, pp833-887.

③電子文献の場合:著者名,書名,入手先 URL,閲覧日.
(例)
1) 厚生労働省:介護給付費実態調査月報(平成19年1月審査分).http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/kyufu/2007/01.html(閲覧日2007年3月29日).

13. 投稿原稿には,表題,著者名,所属(部,科等を含む),住所,電話番号,メールアドレスを付記し,キーワード(3個以内),400字程度(目的,対象,方法,結果,結語にわけて文中に挿入する)の要旨を添えること.
14. 著者校正は原則として1回とする.
15. 表は Microsoft Excel 等の表制作アプリケーションで作成し,拡張子を .xls または、.xlsx で保存の上,投稿すること.(※ Microsoft Power Point による表の入稿は不可)
16. 投稿希望の方は,電子メールによる投稿.執筆方法(文字数や、ページ数、レイアウト等)は,電子メールにより下記連絡先に請求し,投稿作業を開始すること.投稿前に,電子メールにより請求したフォーマットの原稿およびそのPDFファイル(文章,図表など全てを含む.5MB以下)を準備すること.質問は下記連絡先に電子メールにより問い合わせること.
17. 本誌に掲載された論文の著作権は,三重県理学療法士会 学術局学術誌部に属する.
18. 本誌は一般社団法人三重県理学療法士会が年1回の年刊として発行する.投稿の受付は、いつでも受け付ける。
19. 原則として,10月初旬に原稿締め切り翌年3月に発行とする.

三重県理学療法士会ホームページ
 http://mie-pt.jp/

問い合わせ先
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001-1
鈴鹿医療科学大学保健衛生学部理学療法学科内
三重県理学療法士会“理学療法みえ”編集部
メール送付先 narita-m(a)suzuka-u.ac.jp (a)を@に変えてください。
メールにてお問い合わせください。

ダイアルイン 059-383-9208(内線2411)

令和3年10月6日改定